HOME > 診療科 一覧 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科の特徴

神鋼記念病院耳鼻咽喉科では、耳鼻咽喉科全般の疾患について対応が可能です。当科では、とくに鼻の手術に力を入れており、 診察、検査、説明、治療すべてを充実させています。鼻の手術数は、県下トップクラスです。
慢性副鼻腔炎には、最新のナビゲーションシステムをもちいた内視鏡下副鼻腔開放術、アレルギー性鼻炎には、 選択的後鼻神経切除術を行っています。また、鼻中隔矯正術や下鼻甲介粘膜下骨切除術といった、 鼻づまりを改善させる手術も積極的に行っています。
鼻の手術以外には、慢性扁桃炎や睡眠時無呼吸症候群に対する扁桃摘出術、アデノイド切除術、声帯ポリープ等の喉の手術、 がま腫、鼓膜チュービングなどの手術を行っています。 顔面神経麻痺、急性扁桃炎、めまい、突発性難聴などの保存的な入院加療を行います。 頚部腫瘤や悪性腫瘍の症例は、神戸大学病院耳鼻咽喉科教室などに紹介いたします。

耳鼻咽喉科に来院される患者さんの主訴は、
耳が痛い、難聴、耳がつまる、耳鳴りがする、耳にできものがある、顔が麻痺して動かない、 頭が痛い、目が腫れてきた、頬が腫れる、首にできものができた、めまい、ふらつく、飲み込みにくい、喉がつまる、舌が痛い、 熱が出た、喉が痛い、声が出ない、声がかすれる、鼻がつまる、鼻水が出る、いびき、鼻出血
など多岐に渡っています。
これらの疾患は、耳鼻咽喉科医師でなければ診断がつかないことが多く、専門性の高い領域といえます。

入院を要する手術にも随時対応

また、外来では保存的治療にも積極的に力を入れていきます。とにかく、まず患者さんにとって一番必要なものは何かを充分に検討し、 患者さんご自身とよく相談して信頼関係を築いた上で、最も適切な医療を提案し、良い結果が導き出せるようにと理念をもって診療を行っております。

入院費用

高額療養費制度

公的な医療保険制度に加入している場合(日本は国民のほとんどが加入しています)、 入院・手術によって1カ月の医療費が高額になっても、一定額以上は自己負担しなくてもよいことになっています。

所属医師のご紹介

浦長瀬 昌宏 科長/医長
神戸大学 平成15年卒業
取得資格(専門医・認定医等)
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 身体障害判定医師
  • 補聴器適合判定医師
所属学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本鼻科学会
  • 日本嚥下医学会
蔵川 涼世 医長
信州大学 平成15年卒業
取得資格(専門医・認定医等)
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 身体障害判定医師
所属学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本鼻科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本アレルギー学会

学会認定施設

  • 日本耳鼻咽喉科学会研修指定施設

診療実績

耳鼻咽喉科の手術件数については、下記のPDFファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader® ダウンロード

Get ADOBE® READER®


ページの先頭へ